Webライターで稼ぐには?フリーランスWebライターとして稼ぐための4つの方法

Webライター、稼ぐ 未分類

こんちゃす!

フリーランスWebライターシモ(@life___simo_aaa)です。

現在クラウドソーシングサイトを含め、日本には副業・専業問わず9~10万人ほどのWebライターが存在していると言われています。かくゆう私もその一人なのですが、よく友人から「Webライターなんて稼げるの?」ってよく聞かれます。

ぶっちゃけて言うと会社員時代ぐらいの額なら努力すれば、半年〜1年ほどで稼げるようになる方も多いのです。

そこで今回は、Webライターは稼げるのか疑問に思っている方へ向け、Webライターの細かい種類と共にどのぐらい稼げるのかを詳しくご紹介していきましょう!

フリーランスWebライターは継続し続ければ稼げる

どんな事業も最初から儲かるのであればみんな始めてますよね。Webライターも一緒で、最初のころはなかなか稼げないですが、きちんと毎日継続して知識を吸収し続ければ稼げるようになります。

実際に私も、ライターを初めて2ヶ月ほどで月収10万円を超えることができました。特に特別なことはせず、ただひたすらパソコンと向き合って記事を作成すれば、未経験から2ヶ月目でもすぐに達成できます。

私が所属している「ライター組合」と言うコミュニティの運営者佐々木ゴウさんは、月商100万円は確実に超えているでしょう・・・

そのほかにもWebライターとして月収が100万円を超えている方はたくさんいるので、「どの業界でも稼ぐ人は稼ぐ!」っていう結論に至りますね。

フリーランスWebライターの種類はたくさん

フリーランスのWebライターと一括りにしていますが、実は細かく分けると色々なジャンルのライターがいます。それぞれどのような種類のWebライターがいるのかご紹介していきましょう。

フリーランスWebライターはWeb上の記事や文章を書く職業

 

フリーランスWebライターの定義として、「Web上の記事や文章を書く」ということが当てはまります。ネット上のメディアやホームページなどに記事や文章を書くことで、報酬を得ているのです。

Webライターの細かい種類

  • SEOライター
  • 取材ライター
  • ニュースライター
  • PRライター
  • LP・セールスライター
  • アフィリエイト記事ライター
  • トラベルライター

上記のようにWebライターといってもたくさんのライターがいて、報酬額なども様々になります。このような種類の中からさらに、自分が得意とする美容系だったり、金融系だったりと得意なジャンルが分かれていくでしょう。

どのようなライターになって、どのようなジャンルで書くのか決め、専門性が上がってくると、単価が上がり稼げるライターになれる可能性が高いです。

フリーランスWebライターはどのぐらい稼げるのか

フリーランスWebライターの稼ぐ額は本当にピンキリです。月5万円の人もいれば、200万円以上稼ぐWebライターもいらっしゃいます。

専業ライターと副業ライターでも、また違ってきますが、ライターの案件だけで月収が200万円超えるような方もザラにいます。逆に初心者ライターで初めたての頃は1日3000円しか稼げないような方もいるでしょう。

月収が50万円を超えるあたりから、記事の外注などをするライターさんは多いです。例えば、30万円で受けた案件を20万円で外注化すれば、自分は記事のチェックなどをするだけで10万円入るので、時給単価が上がりますよね。

フリーランスWebライターとして稼ぐために必要な4つのこと

フリーランスWebライターとして稼いでいくためには以下の4つのことを意識しながら日々の仕事に取り組んでいく必要があります。

1,セルフブランディングを高める

セルフブランディングをしていくことは、Webライターとしても非常に重要になってきます。クライアント側に「費用が高くてもいいからお願いしたい」と言われるように自分の価値を高めていきましょう。

  • 即納を心がける
  • レスポンスを早くする
  • 他の人にはない専門性を高める

など、を意識的に行ってきセルフブランディングをすることで、稼げるライターへと成長していけます。

2,個性を活かしたライティング力を身につける

Webライターでも個性を出していかなければ、なりません。基本的にWebライターが書く文章は、ある程度の型にそった当たり障りのない文章を求められます。

しかし、10万人近くWebライターがいるなかで他の人と同じような文書を書いていては、面白みがないですよね。個性を活かした文書を盛り込むことができるライティング力を身につけて、他者と差別化を測っていくことが大切になります。

3,相手の意図を読み取る能力を強める

クライアント側の意図を汲み取った記事をかけるようになれば、重宝されるようになるでしょう。Webライターが納品する記事も目的は利益を獲得することです。利益の定義はクライアントによって様々なので、その意図を読み取ることができるようにしていきましょう。

最終的に

  • 商品やサービスの購入
  • 資料請求
  • 認知度の向上

など、どのような目的があるのかを理解することができれば、記事の方向性も変わります。目的にあった記事を納品すれば、クライアントから喜ばれ、単価アップにもつながりやすくなりますね。

4,マネジメント能力

将来的にWebライターで稼いで行こうと思ったらマネジメント能力も必要になってくるでしょう。やはり1人で大量の仕事をこなすのには無理があります。

そのため、外注化をした際に適切なフィードバックを提供したり、外注ライターの管理をする能力なども必要です。マネジメント能力が高ければ、Web編集者になったりディレクター業務を行ったりと、仕事の幅も広がります!

まとめ

Webライターは努力をし続ければ稼げます。Webライターだけでなくどの仕事でもそうですが、「継続」は大事ですね。

特別なスキルがいらないのがWebライターの強みでもありますが、その分多くの方が始めやすいです。

周りと差別化しながら自分の価値を高めていき、必要とされるWebライターへとなりましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました