【Webライター】が人気の副業となっている理由とメリットとは?

Webライターとは ライティング

こんちゃす!フリーランスWebライターシモ(@life___simo_aaa)です

「Webライター」という職業を選択する人が近年非常に増えていきていますね。フリーランス先進国のアメリカでは「writer」はとても人気。日本では副業としてWebライターを初めている人が多く、Webライターの収入が本業を超えている人もいます。

今回は、そんな副業Webライターがなぜ人気を集めているのか、その理由とWebライターのメリットなどを詳しくご紹介していきましょう。

Webライターである筆者自身の経験を混ぜながらご説明していきます!

Webライターは日本語ができれば副業になる

極端な話をすれば、Webライターは日本語ができれば仕事として取り組むことができるでしょう。日本では、義務教育が徹底されているので言葉の読み書きが出来ない人はほとんどいないはずです。

紙媒体とは違う「Web文章の書き方」さえ少し学べば、Webライターとして今すぐにでも活動することができるのが、副業として人気を集めている理由になります。

Webライターの定義とは

そもそもWebライターとは、インターネット上にあるWebサイトに載せるための記事や文章をかく職業と言えます。「ライター」は、雑誌や書籍など紙媒体で記事や文章を書く人のことを刺し、Webサイト上でに掲載するものを中心に執筆するのが「Webライター」です。

Web業界においてライターの存在は非常に重要になります。Googleのサイトの良し悪しを決める判断基準として、サイト内のコンテンツが充実していないと、検索結果で上位に表示されない場合が多いからです。

そのため、誰でもすぐになれるWebライターは非常に人気が集まりつつあります。

Webライターを副業にすることで得られる3つのメリット

何事も、経験したことが無駄になることはありません。Webライター副業で行うことで、どのようなメリットが得られるのか代表して3つご紹介していきましょう。

1,正しい日本語を意識できるようになる

文章や言葉を仕事にするので、正しい日本語を使おうと日常生活でも意識できるようになります。「ら抜き言葉」や正しい語句の意味などを理解することは、Webライターとして質のいい記事の書いていくためには重要です。

2,ライティングスキルを学ぶことができる

Webライターを副業にすることで、ライティングスキルを身に付けることできます。これは、本業にも活かすことができるスキルです。

Web上のライティングでは、「結論→理由→補足→結論」という方で最初に結論を持ってくる記事の書き方が多いです。これを意識してWebライターをしていると、ライティングスキルがどんどん身についていきます。

本業で、

  • 企画書の作成
  • 提案書の作成
  • 資料作成

などの業務にも、Webライターで学んだライティングスキルを活かせます。わかりやすい文章を盛り込むことで、上司やクライアントが読みやすい資料を作ることができるでしょう。

3,Web業界に対しての知識が身につく

私たちの生活にWebサイトは欠かせないものになっています。WebライターとしてWeb業界について触れることで、検索エンジンの仕組みや良いサイト、悪いサイトの区別をつけられるなど、Web業界に対しての知識が身につくのがメリットです。

文章力だけでなく、サイトを上位に表示させるためのSEOキーワード構成の方法、Googleが提供しているツールの使い方など様々なことを学ぶことができるでしょう。

Webライターを副業とするならどのぐらい稼げるのか

Webライターを副業にする場合、どのぐらいを目標にするのがおすすめなのかご説明します。

副業ならまずは3~5万円が目標

Webライターを副業とするなら、まずは3万円~5万円を目標に活動するのがおすすめです。3万円なら、少し慣れれば稼げる額なのでモチベーションも上がります。

たかが毎月3万円という方もいますが、1年で考えると36万円も収入が増えたことになります。また、普通の会社員として働いていると基本給が3万円増加するには、何年もかかります。毎月3万円、1年で36万円が自由に使えるお金であれば、非常にお得ですよね。

初めの頃はなかなか稼げない可能性が高いですが、慣れてきたら月5万円も簡単に達成することができるでしょう。

専業にするならまずは10万円~を越えよう

もし、予想以上にWebライターが楽しくやりがいを感じた場合には、まず毎月安定して10万円ほどを稼げるようになってからがおすすめです。

始めた頃のWebライターには、10万円の壁と20万円の壁があります。10万円は届きそうで意外と届かない金額のラインです。

なので、Webライターを本業に考える人は、まず10万円ほど稼げるようになってから独立を検討するようにしましょう。

Webライターとして仕事を得るには?

Webライターとして仕事を獲得するには、主に3つの方法があります。

1,クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングと呼ばれる「仕事を依頼する人」と「仕事を受けたい人」を仲介するサイトに登録をしましょう。

筆者もクラウドソーシングのひとつである「クラウドワークス」に、ライターとして登録をしています!(SHUNYA_S)

クラウドソーシングの会社は30社以上も日本で展開されていますが、Webライターにおすすめのサイトは下記です。

などが挙げられます。特に、初心者Webライターの方は「クラウドワークス」か「ランサーズ」がおすすめ。

2つとも業界最大手のサイトなので、信頼度も高いです。

2,メディアに直接メールを送る

自分が執筆してみたいと思ったメディアへ、直接メールを送って仕事を獲得する方法もあります。自分が好きなサイトに携われる可能性があるのは、Webライターならではの、楽しみと言えるでしょう。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 実績の提示

などを送るのがおすすめです。

特に、実績の部分は必ず聞かれるので、数件ほど先に記事を作成しておいた方がスムーズに話し合いが進みます。

3,知人や友人からの紹介

Webライターを募集している企業やメディアは、意外とたくさんあります。知人や友人でWeb関係の仕事をしている方がいれば相談してみるのがオススメです。

また、ツイッターなどのSNSから仕事を獲得できる場合もあるので、SNSのアカウントを育てておくのも仕事を取るには需要になるでしょう。

まとめ:副業Webライターを初めて収入の柱を増やそう

副業Webライターは今人気の職業です!誰でも根気よく続ければ月3万円の副収入を手に入れることができるでしょう。

人生100年時代と言われるなか、終身雇用も崩壊しつつあります。収入の柱を増やして、1つの仕事にこだわり過ぎないライフスタイルを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました